2014年04月13日

持久系アスリートに対するストレングス&コンディショニング

●最大有気的能力について


最大有気的能力の指標となる最大酸素摂取量は、長距離走競技パフォーマンスを向上させる要因であるが、それは絶対的要因ではなく一要因に過ぎない。


そのことは、同一水準の高い最大酸素摂取量を有する競技者間においても、競技パフォーマンスに差がみられることもあり、運動中、乳酸を蓄積せずにいかに高い強度の運動を遂行できるかという能力も長距離走競技パフォーマンスを決定する重要な要因であることが報告されている(LaFontaineら, 1981)ことからも理解出来よう。


さらに、走距離が長くなるにつれて最大酸素摂取量よりも乳酸性作業閾値や血中乳酸蓄積開始点、等の最大下能力との相関関係が高くなることが示されている(Tokmakidisら,1998)。


これらのことから、走距離の異なる競技においては、その競技パフォーマンスに大きく関与する生理学的要因が異なることを理解することが出来る。


従って、目標とするレース距離に応じて向上させるべき生理学的要因は異なるとも言えるのだが、レース距離に関わらず競技中の酸素摂取水準という側面から考えれば、最大酸素摂取量を向上させることは極めて重要であると考えられる。


いわゆるエリートランナーのマラソンレース中における酸素摂取水準は約85%程度であるといわれている(石井,2011NSCAジャパン総会基調講演)が、競技パフォーマンスを向上させる上では、競技中の酸素摂取水準を向上させる、すなわち、最大下能力を向上させる、あるいは、最大酸素摂取量を向上させる、すなわち、最大有気的能力を向上させる、という2つの戦略が考えられる。


もちろん、その両要因を向上させることが望ましいといえる訳だが、最大有気的能力を向上させるためのトレーニングは高強度トレーニングとなり、最大下能力を向上させるためのトレーニング強度と異なる。すなわち、最大下能力を向上させるトレーニングを実施しても最大有気的能力を効果的に向上させることは出来ないといっても過言ではない。


従って、何より最大有気的能力、すなわち最大酸素摂取量は高めるだけ高めておくに越したことはないといえよう。


そして、一般市民ランナーにおいては、最大酸素摂取量の向上を目的としたトレーニングが圧倒的に欠如していることを付け加えておきたい。


参考文献:
LaFontaine, T. P., Londeree, B. R., and Spath, W. K. The maximal steady state versus selected running events., (1981) Med Sci Sports Exerc, 13, 190-3.

Tokmakidis, S. P., Leger, L. A., and Pilianidis, T. C. Failure to obtain a unique threshold on the blood lactate concentration curve during exercise., (1998) Eur J Appl Physiol, 77, 333-42.
posted by NOGU at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394575635

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。